社員研修・リーダー研修、少人数対応、個々の企業に合わせたオーダーメイド研修も対応します。「人を育てる」経営サポート・人材育成コンサルティングのミラクス|静岡|

 

 
 
 
 
 

【コラム】女性のリーダー研修 ひとコマ

女性社員の比率が高いリーダー研修を、ある企業で実施した時の出来事です。

参加人数全8名のうち、女性が6名という女子率の高さです。
この企業は製造業だったのでですが、一般的に製造業の
リーダー研修ですと、参加されるかたは男性がほとんど。
女性の受講者は1~2名くらいですね。

では、なぜこれだけ女子率が高いかというと
作業工程が、検査がメインなので、几帳面で決められらことを、決められた通りのこなしてくれるのは
女性のほうがすぐれているということで、必然的に工程人員に占める割合が女子率が高い、
ということになるそうです。
ところが、受講者の年齢がかなり若い。
まだ20歳代前半。職歴6年余りの方がほとんどでした。

そのころに大量に新入社員を雇用して、その彼女たちが今は工程では中堅となっているのです。

そういう状況では、どういうことが起こるのかは私の経験で想像がつきます。

少し先輩だからといって、今まで同僚として接していた他の女性社員との良好な人間関係が
だれかが一人抜け出て、リーダーとなった瞬間に今までのような人間関係が保てなくなるのです。
見えない線を引かれる、という状態になるそうです。

この企業での研修も、スタートは一般論のリーダーとしての
役割や心構えを伝えていたのですが、今一つの反応です。

そうです。彼女たちは頭では分かっているのですがリーダーとしての行動や言動を行った瞬間に
自分がどのような立場に置かれてしまうのかを感じているし、前の先輩の状況を見ているのです。

なので、研修の方向性を変えました。

心理的な側面からのアプローチに内容を変更したのです。
そして、リーダーの彼女たちの日頃のストレスの解消という切り口でリーダーとしての役割を伝えました。

彼女たちは、若手社員に対して、注意すべきことを言えずにいつも我慢しているのです。

そして、その我慢がストレスとなってしまっているのです。

一生懸命仕事しているのに、ストレスを溜めるのは自分たちが損をしているのではないか

だったら、その人の合った注意の仕方や指導の仕方があるのではないか、と伝えました。

皆さん、一生懸命考えたり、私の話を聞いてくださいました。

どれだけの方の今日からの行動に影響を与えられたかは分かりませんが、
一生懸命働く人の応援を、これからも続けたいと思う気持ちを新たにしました。
 

pagetop

 
 
簡単ホームページ作成